ブログ

2021.02.10

ご報告

こんにちは😃 患者様にオススメされてアニメ「はたらく細胞」シリーズを観て「これが専門学生の頃にあったら、あんなに生理学で苦労しなくて済んだなぁ」と思う、解剖学と生理学苦手だった鍼灸指圧師の林です。

病理学と臨床医学総論・各論はものすごく得意だったので、西洋医学にも興味を持ち、最初の就職先が病院だった というのもあります。

薬を「毒だ」と言う人が周囲に多い中で

「薬も大事じゃないかな?東洋医学には限界がある。合わせ技でいいんじゃないかな。歪み合う理由もないし。」

「高齢化社会になって、終末医療(治る見込みのない患者様の最期を迎えるための医療)は今後、絶対に増えてくる。終末医療ペインクリニック(痛み専門病院や治療)も絶対に増えてくる。当然、薬だけでは限界もある。鍼灸指圧もそういう現場で必要になるんじゃないかな?」

「ストレス社会で、精神的な「見えない」部分が原因で、痛みが来る人には、やはり投薬も必要だし、寄り添える人も必要」

と色々頭悪いなりに考えてました。

今もそうで、興味があったものの、手を出してなかった「心理学」を勉強し、「心理カウンセラー」を手にする事もできました。

何気に1月からちょこちょこ内職してたのは、心理学の勉強してました。

4ヶ月かかるところを1ヶ月で取得っす(・`ω・)b

30過ぎて改めて思うのが

手に職とか、芸は身を助ける ってホントだな。

大人になったら勉強出来ないってホントだな。頭はなかなか衰えないが、時間が無い。

ですね。

何を林、ネガティブな発言?

ですが

林は、実は、3月末を持ちまして、会社を退社させて頂きます。

突然ではございますが、決して寿退社ではなく、仕事が嫌いになったわけではございません。

鍼灸指圧師として活躍しつつ、心理カウンセラーもやりたいという 自分の人生を見つめ直した結果、会社には迷惑かけられない やりたい事は自分の責任で生きていかなきゃならない。

そう考えた次第です。

近年、子供たちが、とても大変な状況下に置かれているのを、ひしひしと感じ、「今の自分の知識だけでは、完璧な治療は出来ない」と不甲斐なさも常に感じていました。

不甲斐なさを打破すべく、心理カウンセラーの資格取得を目指した次第です。

決して、悲しい別れではなく、ポジティブに捉えて頂けたら幸いです。

林の代打として、枝並先生が、今後、保原院に入ります。

柔道整復師で鍼灸師ではありませんが、情熱をもっています。

残り1ヶ月半くらいですが、それまでにいくつか、保原院の「保原院ブログ」も出来る限り更新したいと思います!

かまた鍼灸整骨院保原院からのお知らせ

@itototalhealth_fukushima

かまた鍼灸整骨院保原院からのお知らせ

当院のアプリ始めました

かまた鍼灸整骨院

受付時間 日・祝
9:00-12:00
15:00-20:00

:9:00~14:00

お気軽にご相談ください

TEL:024-572-526424時間メール受付中
かまた鍼灸整骨院
BLOG
かまた鍼灸整骨院
Facebook